« 子供が近視の場合、どうすればいいですか? 盲目的に度付きメガネの流行を追うのではなく | トップページ | 近視をコントロールする3つの方法、そのうち1つは「点滴」だけで済む? »

2021年10月 8日 (金)

なぜ病院の外来では必ず採血をするのか、採血でどんな病気が発見できるのか。 ヒント:気軽に受診できる5種類の病気

医師は、この病気は頻繁に病院で経過観察をしなければならblood gas analysisないと言っていたが、王さんはそのことに特に注意を払い、毎回、医師のスケジュールに従って病院で経過観察をしていた。

まず不可解だと思うのは、経過観察のたびに採血をしなければならないことで、彼女は採血という新しい項目に不安を感じており、またこの採血が実際にどこに行くのかわからないということです。

30人民元の定期的な血液検査で、どのような病気が発見されますか?

今どき医者に行って、理由もなく採血されることに疑問を持つ人は多い。 血液検査でどのような病気が発見できるのですか?

1.血液疾患

血液を採取して、鉄欠乏性貧血の有無とそのレベル、亜鉛欠乏の有無、白血球の総数などを調べます。 血球の形状など、敗血症があるかどうか、脊髄検査を前提とした分析をしなければならないかどうか。

顆粒球や白血球の数で細菌感染を、血液細胞の状態で血小板障害を識別します。

2.内部疾患

糖尿病の有無、食後・空腹時の脂質プロファイル、糖化ヘモグロビン濃度のチェック、甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症の場合は、血液検査による甲状腺ホルモンの異常のチェック。

3.内臓機能

総ビリルビン。 グルタチオンのトランスアミナーゼ。 肝機能や腎機能の異常を調べるクレアチニンや尿素窒素、血糖値。 トリグリセリドです。 炭水化物です。 また、血糖値、トリグリセリド、炭水化物、高密度蛋白質の異常の有無は、代謝異常の検出や高脂血症の診断の確認にも利用できます。

4.ウイルス感染シリーズ

血液検査を行うことで、マイコバクテリア、HIV、肝炎など様々なウイルス感染を取り除くことができます。

5.ヒト免疫系疾患

例えば、関節リウマチでは、抗Sm抗原を調べる必要があります。 関節リウマチでは、抗Sm抗原、リウマトイド因子などの抗体価の変化を確認することが重要で、ドライシンドロームでは、抗核抗体、SSA抗原、SSB抗原の陽性反応が主な検査となります。 これに加えて、Cc-reactive protein。 血沈検査は、病気の活動性とその治療効果を評価するために使用されます。

血液検査の各数値の実際の意味を教えてください。

血液検査をすると、いろいろなマーカーが出てきます。 値が正常かどうかはどうやって見分けるのですか?

白血球数

白血球数は、細菌感染の有無を判断するための分析として利用できます。 白血球数の正常な基準値は、成人(4.0~10.0)×109/L、新生児(15.0~20.0)×109/Lです。 細菌感染では、白血球数の増加が見られます。 敗血症です。 毒物、出血など

しかし、臨床医学では、白血球数を分析することも必要です。 臨床症状やその他の検査により、疾患の種類を特定します。 例えば、白血球の数が多いことはよくあることです。 単球の割合が高い場合もありますが、その場合は高温で乾燥した咳を伴います。 例えば、乾いた咳は、上部急性喉頭炎や細菌感染に関連している可能性があります。

白血球数が少ない場合は、薬の影響が考えられます。 ウィルス感染症。 化学療法後。 免疫系疾患。 血液疾患など

血液細胞

血球のすべての正常な基準値は、小児および青年(4.2~5.2)×1012/L、成人女性(3.5~5.0)×1012/L、成人男性(4.0~5.5)×1012/Lです。

赤血球の増加(興奮状態による可能性が高い)。 イラッシャイ。 恐怖。 酸素不足によるイライラ。 長期間にわたる数回の献血など、病気以外の要因。病気の要因でも、大規模な火傷などで血球が増加することがある。 頻繁な吐き気と嘔吐。 肺炎です。 悪性腫瘍の場合 びまん性肺気腫と病的赤血球増加症。

また、赤血球の減少は、乳幼児の急速な成長・発達などの非病理的な要因によるものと考えられます。 妊娠中など、敗血症。 亜鉛の欠乏。 亜急性の内出血。 ビタミンb212の欠乏は赤血球減少症の原因にもなります。

ヘモグロビン濃度

ヘモグロビン濃度のすべての正常基準は、新生児が170~200g/L、女性が110~150g/L、男性が120~160g/Lです。

ヘモグロビン濃度の上昇は通常、火傷が原因です。 酸素欠乏症。 脱水症状など

血液細胞

すべての血球の正常な基準値は、100~300×109/Lです。血小板増加症は、亜急性の大量出血で最もよく見られます。 亜急性溶血性障害。 滲出性血小板症。 びまん性好中球性敗血症。 病的な赤血球症。 蓄膿症の骨髄腫といくつかの悪性腫瘍の初期段階。

血小板減少症は再燃性貧血の結果である可能性があります。 Hypersplenismです。 白血病とびまん性乳頭内血液凝固症。 全体として、一般的な血液検査は多くの問題を明らかにすることができ、医師が病気を診断するために非常に重要です。

生理の時に採血してもいいですか?

女性の場合、生理中に血液検査をする必要がある場合もありますが、一般的には生理中に血液検査をすることは好ましくありません。

月経中は体内のエストロゲン濃度が高いため、血液の質が低下しやすく、一部の検査、特に月経中の4回の血液凝固検査でエラーが発生します。 血液検査、定期的な血液検査、肝機能検査の一部でエラーが発生することがあります。

また、生理中の出血量が多い女性は、この時期に新たに血液検査を行うと貧血を起こす可能性があります。

このことは、月経中に血液凝固作用が低下することと相まって、月経中の出血のリスクを高めることが明らかになっており、月経中の採血にはより一層の注意が必要である。 ただし、緊急に採血が必要な場合は、月経中でも採血が可能です。

特殊なケースとして、性ホルモン検査があります。これも採血が必要ですが、通常は生理の2日目から5日目に行われます。この時期は、女性の卵子が初期段階にあり、卵巣の機能が反映されやすいため、性ホルモン検査がより正確で目的にかなったものになるからです。

頻繁に採血すると鉄欠乏性貧血になりますか? 取り出された血液はどこへ行くのでしょうか?

頻繁に採血すると鉄欠乏性貧血になるのではないかと心配して、医師の診察のたびに採血しなければならないと訴える人もいます。 実は、体内の血液量は体重の約7%で、例えば、体重60kgの人は4200mlの血液を持っています。

体の造血機能は非常に強く、常に血液を生産しており、毎回の採血量は数mL~数十mL程度なので、この血液を採血しても鉄欠乏性貧血にはならず、体に害はありません。

では、病院の外来で採血された血液は、どこに行くのでしょうか?

採血が終わると、専門家が現れて、病理部に送るための血液検体を採取します。病理医は採取した血液の処理を行い、その後、機器や手作業で各種の指標値をチェックします。

より多くの血液が採取された場合、残った血液は保管され、一定期間保管された後、医療廃棄物として破棄されます。病院の診療所では、患者の血液をリサイクルしたり交換したりすることは容易ではありません。

採血は基本的な新しい検査であり、空腹でなければならないかどうかなど、医師の指示に厳密に従って事前に準備する必要があります。 例えば、空腹でなければならない場合や、生理を避けなければならない場合など、検査結果をできるだけ正確に把握することが重要です。

Related article reading:

検査技師によると、血液の中には何があるのでしょうか?

抽血究竟有啥用?若指標出現異常,可能是三類病造成

定期的な血液検査と一般的な問題点は何か

 

« 子供が近視の場合、どうすればいいですか? 盲目的に度付きメガネの流行を追うのではなく | トップページ | 近視をコントロールする3つの方法、そのうち1つは「点滴」だけで済む? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供が近視の場合、どうすればいいですか? 盲目的に度付きメガネの流行を追うのではなく | トップページ | 近視をコントロールする3つの方法、そのうち1つは「点滴」だけで済む? »