« 幸せな姿勢を再現するために、産後の体を整えるヨガから徐々に | トップページ | 母乳以外で、赤ちゃんに最適な乳製品は何ですか? »

2021年10月22日 (金)

何歳になっても、老眼になったら放っておかないでくださいね。 この6つのポイントを覚えておいて、早めに老眼用メガネをかけましょう。

2_20211022153801

今、近視ではないからといって、一生メガネをかけないわけではありません。 年齢の上昇とともに、老眼になり、点の近くのものがはっきり見えなくなる人も多いので、この時はメガネをかけなければなりません。

現在、各眼科病院の外来には、漸進鏡片30代の老眼患者さんが増えています。

先天的な要因もありますが、電子機器の使い過ぎが重要な引き金となっており、「スマホ老眼」とも呼ばれています。

肌の状態は良くても、人体の一部の状態が徐々に脆くなるのを防ぐ方法はありません。 冷凍保存の女神、井上さんからの50個目のプレゼントも、実は老眼用のメガネだったのです。

老眼は、生理的な老視の症状であり、心理的な歪みや乱視に属するものではありません。中年期に入ると誰にでも必ず起こる目の症状であり、老年期に入る新たな兆候と捉えられることも多いのです。 老眼は45歳頃から徐々に始まり、5年ごとに50度ずつ増えていきます。

老眼は規則的な生理現象ではありますが、ないことはあってもないことはありません。 そのため、若さの消失からは逃れられないものの、目を大切にすることが重要です。 しかし、熱心に取り組めば、老化のプロセスを遅らせることは可能です。

中高年の方は、何歳になっても、一度老眼が起こると、放っておけませんよね。 この6つのポイントを忘れずに、少しずつ老眼を改善していきましょう。

1.若いときの近視が、年をとってからの老眼につながることがある

近視と老眼は相反するものではありませんが、若くて近視度数が低い場合は、老眼鏡をかける時期が遅くなる可能性があります。 近視が強い場合、晩年は近視と老眼の両方になる可能性が高いので、遠くを見るための近視用メガネと近くを見るための老眼用メガネ、または遠くと近くの両方を見るための累進多焦点メガネなど、2つのメガネを事前に用意しておく必要があります。

実際には近視でもあり、老眼でもあるのですが、老眼用のメガネがなくても本や新聞が読めるように錯覚してしまいます。 例えば、以前は250度の近視だった方が、現在200度の老眼になった場合、近距離のものを読むためには50度の凹レンズがあればよいことになります。 この場合、メガネをかけなくても見ることができます(50度の近視があるのと同じです)。

2.老眼は自己調整できないので、早めにメガネを用意する

老眼になっても、「老眼は自分で調整して良くなる」と考えて、老眼用メガネをかけない人が多いのですが、それは間違った考えです。 眼鏡をかけないと、視力がどんどん低下していき、日常生活に支障をきたします。

3.安さに貪欲にならず、意地でもロードサイドのお菓子を買う

老眼鏡をかけることは、それほど過酷なことではないと感じる人もいるでしょう。 今では、多くの露店で安価な老眼用メガネが売られており、散歩の際に気軽にかけ、自分に合っていると思ったら購入するという高齢者も多い。

年配の方の中には、散歩をしていて、自分に合っていると思ったらすぐに買ってしまう方も多いです。 瞳孔の距離が固定されている老眼用メガネでは、実際の処方箋に合わせることは困難です。 瞳孔の距離。 顔の形。 脳のタイプは互換性があり、患者の視覚効果をより速く実際の効果を行うことができないだけでなく、視覚効果の影響を引き起こし、目の疲労やその他の条件が発生します。 実際の老眼の効果は、早くなるだけでなく、視覚効果にも影響を与え、目の疲れの原因にもなります。 したがって、老眼用メガネの購入は、人によって異なるはずです。

4.老眼用メガネを併用する必要がない

惰性で結論を言うと、目の状況はどんどん悪くなり、「老眼」度がどんどん上がっていき、物が見えにくくなっていきます。

適切でない老眼鏡を使用すると、物を見るときに「三半規管効果」が起こり、目がよく見えなくなり、めまいを起こす可能性が非常に高くなります。

5.高倍率は老眼鏡の代わりにはならない

高倍率は1000〜2000度に相当し、すべての老眼に対応できるわけではありませんが、高倍率も老眼も凸レンズ撮影に属し、原理は同じですが、この2つはお互いに置き換えることはできません。

老眼用メガネの代わりに高倍率のメガネを長時間使用すると、目の痛みの原因になります。 目の腫れ。 眼精疲労は、老眼の進行をさらに早める原因となる症状です。

6.老眼のメガネを老後までかけない

高齢者になると、老眼のレベルが上がります。 "老眼の発達度は通常100度で、その後は5年ごとに25〜50度ずつ上がり、60〜70歳になると概ね300度以下でプラトーになる。

老眼鏡を長時間かけていると、レンズに傷がついたり、もろくなったりします。 レンズがもろくなると、通過できる光の量が減り、レンズの画質が悪くなったり、目の「老化」が早まったりします。 そのため、老眼用メガネが合わない場合は、適時に取り外して交換しないと、日常生活に支障をきたし、目の老眼度をどんどん加速させてしまうことになります。

Related article reading:

何歳になっても老眼が起きたら放っておかないで、どうやって解消するか?

老眼の原因と、老眼を遠ざけるための食事やケアの方法について

老花眼小知識,您知道嗎?

 

« 幸せな姿勢を再現するために、産後の体を整えるヨガから徐々に | トップページ | 母乳以外で、赤ちゃんに最適な乳製品は何ですか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せな姿勢を再現するために、産後の体を整えるヨガから徐々に | トップページ | 母乳以外で、赤ちゃんに最適な乳製品は何ですか? »